新製品  手動 往復牽引エンドレスウインチ ME型


独創的機能を備えた画期的往復エンドレス・ウインチ

数本の特殊ワイヤ溝をもった同方向へ同時運転に回転する2つのドラムと、 各ドラムごとに設けた2つのワイヤ
押さえローラーによって本体1台のみで安定した往復牽引力とワイヤロープの 緩み防止を実現しています。
ワイヤロープ掛けはエンドレスになったワイヤロープのどこからでも簡単にセットできます。
水平方向での左右両方向の往復牽引に威力を発揮し、 さらには、特殊ワイヤ溝をもったドラムとワイヤ押さえ
ローラーの相乗効果でワイヤロープを確実にグリップするので、 引き込み作業などの片道牽引も行うことが可能
です。しかも小型軽量ですから色々な場所でお使いいただけます。

* マックスプル独自の溝付きWドラムと一般的なキャプスタンドラム
      マックスプル独自の溝付きWドラム     台車1
①ワイヤロープセット方法
 ドラム軸受支持板が着脱式となっていますので、
 ドラム軸受支持板取り外し時は片持ちの状態と
 なり、ワイヤロープのどの部分からでも簡単に
 ドラムに巻き付けることができます。

②ワイヤ押さえ
 ワイヤロープの伸びやワイヤロープのテンション
 が抜けたときに ドラムの溝からワイヤロープが
 はずれないようワイヤロープを押さえつけている
 「ワイヤ押さえ」が標準で装備されています。

③ワイヤロープのゆるみ
 ワイヤロープはドラムの特殊ワイヤ溝に収まるこ
 とにより、より高い摩擦抵抗がドラムとの間に発
 生します。尚且つ各ドラムごとにワイヤ押さえが
 付いていますので、 ワイヤロープの緩みを確実
 に防止します。


④ワイヤロープの磨耗
 2つのドラムには最適な摩擦係数から設計され
 た数本の特殊ワイヤ溝が刻まれています。
 その溝は独立した平行な溝のため、ワイヤロー
 プ同士は接触しない構造になっており、 ワイヤ
 ロープ同士が接触してワイヤを痛めることもあり
 ません。

        一般的なキャプスタンドラム       台車1 ①ワイヤロープセット方法
 鼓状のドラムの中ほどにワイヤロープを5巻きか7巻ま
 きつけドラムと巻きつけたワイヤロープがスリップしな
 いように、たぐり取るワイヤロープ端にテンションをか
 ることが必要です。

②ワイヤ押さえ
 ドラムの中心にワイヤロープが集まるようドラム形状
 が鼓状になっています。そのドラムの構造上、ワイヤ
 押さえを付けることができません。


③ワイヤロープのゆるみ
 鼓状のドラム形状のため、常にテンションが必要でワ
 イヤロープが緩みやすくなり、テンションを張る以外に
 ドラムとワイヤロープの摩擦抵抗を維持できないため
 ワイヤロープが伸びた時にテンションが保てず、ドラム
 とワイヤとの摩擦抵抗が低下し、 空回りすることがあ
 ります。

④ワイヤロープの磨耗
 鼓状のドラム形状のため、荷重がかかるほどワイヤロ
 ープが中央に集まり、 ワイヤロープ同士が擦れていま
 す。また、常にドラム上をワイヤロープが滑って擦れて
 おり、ワイヤロープは磨耗しやすくなります。



* 用途一例
         台車1 台車2
*  台車の往復牽引に適しています。
   滑車を有効活用すれば、どこの場所からもハンドル操作が可能です。

           台車横引き1           台車横引き2      
*  大型機械装置に組み込めば、メンテナンス時の移動が可能になります。
   重機の運搬物の横行移動にも最適です。

      プール1      プール2
*  ドーム型テント、アコーディオン式幌、アーケードなどの水平移動が可能です。    
         門扉1         門扉2
*  門扉の両端にワイヤロープを固定すれば、開閉することができます。
         サイロ1         サイロ2
*  煙突の蓋やサイロの吐出口の蓋などを往復牽引することで、開閉が可能です。
         煙突1         煙突2
*  煙突内の調査機器や洗浄機の巻上げ昇降作業の他、電工ケーブルなどをワイヤロープで
   接続すれば、引抜き作業にも威力を発揮します。    
      体育館1       体育館2
*  体育館や運動公園場内で、安全ネットを横行させれば間仕切ることができます。
   その他、窓用カーテンの往復牽引も可能です。    


* ブレーキ選定方法
           メカニカルブレーキ式             

荷の自重を利用したネジ式メカニカルブレーキで
ハンドル操作のみで、自動的にブレーキが効きます。
昇降作業に優れた一方向のオートブレーキです。
但し、横引きエンドレスの作業では、ドラムにかかる
トルクの方向により、メカニカルブレーキは効かない為
横引きする荷にウインチ側に向かう外力が働いた
場合、メカニカルブレーキは効きません。
従って、一般的横引き作業では、ラッチ式ブレーキの
選択をおすすめいたします。

            ラッチブレーキ式               

ブレーキを掛けたとき、ウインチをそのままの状態で
保持するブレーキ方式です。
ブレーキが掛かっている状態では、巻上げ、巻下げ
方向のどちらにも動かすことはできません。
荷が外部からの要因で動いてはならない場合に有効
です。
ブレーキを解除した状態ではウインチはフリー状態に
なるため昇降作業には使えません。





ME-5-L型 (500kgf用)
ラッチブレーキ式

型番 ME-5-L
ワイヤロープ引張力 4900N (500kgf)    
使用ワイヤロープ φ6mm (6×37)
ワイヤロープ巻付 4巻
ハンドル操作力 97N (9.9kgf)
ハンドル長さ (有効最大)       250mm
減速比率 1/13.3
自重 (本体+ハンドル) 30.3 kg
PDF ME-5-L.pdf

ME-5-B型 (500kgf用)
メカニカルブレーキ式

     

型番 ME-5-B
ワイヤロープ引張力 4900N (500kgf)    
使用ワイヤロープ φ6mm (6×37)
ワイヤロープ巻付 4巻
ハンドル操作力 97N (9.9kgf)
ハンドル長さ (有効最大)       250mm
減速比率 1/13.3
自重 (本体+ハンドル) 30.0 kg
PDF ME-5-B.pdf

ME-10-L型 (1000kgf用)
ラッチブレーキ式

型番 ME-10-L
ワイヤロープ引張力 9800N (1000kgf)   
使用ワイヤロープ φ8mm (6×37)
ワイヤロープ巻付 4巻
ハンドル操作力 114N (11.6kgf)
ハンドル長さ (有効最大)       300mm
減速比率 1/19
自重 (本体+ハンドル) 30.0 kg
PDF ME-10-L.pdf

ME-10-B型 (1000kgf用)
メカニカルブレーキ式

型番 ME-10-B
ワイヤロープ引張力 9800N (1000kgf)   
使用ワイヤロープ φ8mm (6×37)
ワイヤロープ巻付 4巻
ハンドル操作力 114N (11.6kgf)
ハンドル長さ (有効最大)       300mm
減速比率 1/19
自重 (本体+ハンドル) 30.0 kg
PDF ME-10-B.pdf




製品ラインナップ電動ウインチ手動ウインチステンレスウインチ特殊ウインチゴルフ場用ウインチ無線タワー用ウインチ

CADデータ ダウンロードオーダーシート技術資料会社案内FAQお問い合わせ用途事例から捜す機種名から捜す

CE宣言書



WWW を検索
MAXPULLを検索
Google