手動ウィンチ PMシリーズ

垂幕の上げ下げに、テニス・バレーボールのネットのセットに、ボート・ヨットの引き上げに、自動車等の搭載部品に大きな力を発揮します。

*簡単な操作性
機械効率が高いので、他社製ウインチと比較して操作時の手荷重が非常に軽く、作業が容易です。コンパクト設計ですから、軽くて持ち運びも大変便 利。 また、本体の固定は、所定のボルトで簡単に取付けができます。更に大きな特徴は、各部品がプレス加工でできており、全体がボルトにより組み立てられていま すので手軽に分解できます。修理の場合でもパーツをお求めになるだけで、取扱説明書に従い、どなたでも簡単に修理・組立が行えます。


*PM100型のブレーキは手かけ(爪かけ)ブレーキです。
*
巻上げは爪を掛けたまま回転できますが、巻降ろし時は爪を外して操作してください。(爪を外す時はハンドルを手で保持して行うか、無負荷の時に行ってください。)安全に作業を行うにはフレームの側面に貼り付けてあるシールの巻上げ方向にハンドルを回して、正しくワイヤロープを巻きつけてください。ハンドルを巻上げ方向に右回転をさせると、ドラムは左回転します。この時に巻き取られていれば正しい状態です。ドラムの捨て巻きは必ず5巻以上確保して下さい。


*PM200型のブレーキは自動メカニカルブレーキです。

*
ハンドルを巻上げ方向(時計の針の方向)に回すとカチカチと音がして、ハンドルを巻き下げ方向(時計の針の反対)に回すと音はしません。この操作を3〜4回繰返して行い、巻上げ方向に回したときに必ずカチカチという音がでていれば、メカニカルブレーキは正しく作動しています。ワイヤロープはクラッチカバーに貼り付けてあるシールの巻上げ方向にハンドルを回して、正しくワイヤロープを巻き付けてください。ハンドルを巻上げ方向に右回転をさせると、ドラムは左回転します。この時に巻き取られていれば正しい状態です。ドラムの捨て巻きは必ず5巻以上確保してください。


*取扱い上の注意事項
PM-100型は垂直に荷重を吊り上げる用途に使用しないでください。 PM-100型はブレーキは手掛ブレーキです。巻上げは爪を掛けたまま回転できますが、巻降し時は爪を外して操作してください。(爪を外す時はハンドルを手で保持して行うか、無負荷のときに行ってください)PM-200以上はメカニカル自動ブレーキを内蔵しています(右回転で巻上げ・左回転で巻降し手を放しても停止します。)

メカニカルブレーキの機構の説明



*
型番 PM-100
最大能力 980N(100kgf)4φワイヤロープ巻込6層目まで
ワイヤロープ収容量 φ3X50m
ワイヤロープ収容量 φ4X25m
ワイヤロープ収容量 φ5X17m
減速比 1/4.1
手荷重1 1層目:31N(3.2kgf)
手荷重2 3層目:45N(4.6kgf)
手荷重3 6層目:65N(6.6kgf)
ハンドル長 205mm
重量 2.7 kg
PDF PM-100.pdf

*
型番 PM-200
最大能力 1960N(200kgf)5φワイヤロープ巻込6層目まで
ワイヤロープ収容量 φ3X50m
ワイヤロープ収容量 φ4X25m
ワイヤロープ収容量 φ5X17m
ワイヤロープ収容量 φ6X13m
減速比 1/4.1
手荷重1 1層目:65N(6.5kgf)
手荷重2 3層目:98N(10.0kgf)
手荷重3 6層目:148N(15.1kgf)
ハンドル長 205mm
重量 3.3 kg
PDF PM-200.pdf




製品ラインナップ電動ウィンチ手動ウィンチステンレスウィンチ特殊ウィンチゴルフ場用ウィンチ無線タワー用ウィンチ

CADデータ ダウンロードオーダーシート技術資料会社案内FAQお問い合わせ用途事例から捜す機種名から捜す



WWW を検索
MAXPULLを検索
Google