沿革


1976年 1月 産業機械メーカー後藤機械工業株式会社に手動式ウインチの製造を依頼。ウインチ部門の販売会社として設立、資本金300万。 大串 剛喜が代表取締役社長に就任する。
1978年10月 後藤機械工業株式会社よりウインチ製造部門が分離・独立し製造販売を統合。ウインチの製造販売部門の 一括業務を行う。資本金1,300万円に増資。後藤 哲男が代表取締役社長に就任する。専務取締役社長に大串 剛喜・高橋 巌が就任する。
1980年 2月 これまでの手動ウインチGMシリーズ5機種(100Kg〜2,000Kg)に3ton用手動ウインチGM-30型 舞台装置用ウインチGM-1L型及びゴルフ練習場防球ネット昇降専用電動ウインチGME-1000(1,000kg) を開発・販売を開始する。
1980年 4月 軽量化と省力化された山岳遭難救助専用ウインチGMH−210型と附属装置の開発を国産として始めて 成功し発売を開始する。文部省登山研修所殿 、東京消防庁殿、富山県警本部殿、滋賀県山岳連盟殿他に納入。
1980年 8月 手動ウインチのGM-50型(5,000kg)、GM-100型(10,000Kg)の製作及び、特殊電動ウインチ能力 30tonまでの製造・発売を開始する。
1983年 2月 手動ウインチMRシリーズ(ラチェットハンドル機構式)6機種(100Kg〜3,000Kg)及び手動ウインチ MCシリーズ( キャプスタンドラム式)5機種(100Kg〜2,000Kg)を製造し販売を開始する。
1983年10月 ゴルフ練習所、防球ネット昇降用電動ウインチGME-800-GO、GME-1400-GO型の製造・販売と 同ウインチの集中制御システムの開発・発売を開始する。
1983年11月 CQ無線用タワー昇降用ウインチGMT-1500型を製造・販売を開始する。
1985年 3月 海洋観測機器用小型巻上機、OCEANOGRAPHIC.REEL:MWS-35型を防錆、軽量コンパクト、高性能で ロープはケブラーロープの採用を行い開発に成功、販売を開始する。小型船舶での採水器、採泥器 STD(内臓式)などの巻上げ、繰り出し作業を安全にし、作業時間の大幅短縮に貢献する 熊本大学殿、東京大学海洋研究所殿、㈱関西総合環境センター殿、北海道大学殿、他に納入する
1988年 1月 代表取締役社長 後藤 哲男が退任し、代表取締役会長に就任。
専務取締役 高橋 巌が代表取締役社長に就任。
1988年 5月 ゴルフ練習所防球ネット昇降装置に風速連動システムを導入、昇降のシステムを自動化に成功発売を開始する。
1989年 3月 国立極地研究所へ南極氷層(浅層用)掘削装置を開発・製造を行い納入する。
1989年10月 同装置を北極にてテストし,500mの氷柱コア掘削に成功。
1989年11月 大阪市浪速区桜川3丁目4番地に大阪営業所を開設する。
1991年 6月 埼玉県八潮市3丁目13番1号に、電動ウインチ組立、部品製作工場として、埼玉工場を開設シャトルテーブル付全自動溶接装置2基を導入し生産を開始する。
1992年 6月 リムーバブル係留観測用ロープウインチ、SEA-M-400型を開発:製造し 東京大学海洋研究所(淡青丸)に納入。
1992年11月 国立極地研究所、「35万年間の地球環境の変化とその理由を解き明かす」南極氷床ドーム深層掘削計画(通称 ドーム計画)に参画する。
1993年 4月 ゴルフ練習所防球ネット昇降装置用強制引き降ろし式、電動エンドレスウインチEME-1000型を開発製造 特許申請を行い発売を開始する。
1993年10月 南極ドーム計画用、氷床掘削装置用、耐寒性、特殊電動ウインチMAW-1100型を開発製造し国立極地研究所殿に納入。
巻上能力=1,000Kg
巻き込み速度=0.1m〜49m/min
ケーブル=7芯アーマードワイヤーΦ7.72mm×3,500m
1993年11月 ベーブリッチ塔メンテナンスゴンドラ昇降用、電動:手動兼用ウインチGME-120H型を開発・製造、道路公団殿に納入。
1995年11月 第37次南極観測隊、砕氷船しらせ、に電動ウインチMAW-1100型を搭載し南極に向う。
1996年 6月 往復牽引エンドレスウインチ、EME-400型、EME-700型、EME-1300型を開発・製造、販売を開始。
1996年10月 ビルトインモータ内臓の並列式ウインチBMW-201型〜BMW-503型の12機種の製造販売を開始。
1996年11月 代表取締役会長 後藤 哲男が代表取締役を退任する。
1996年12月 南極観測隊、藤井隊長より掘削開始より1年3ヵ月にて南極ドーム計画での氷床深層掘削2,500mに達し成功したとの報告を受ける。
1999年 1月 代表取締役 高橋 巌が退任し、代表取締役会長に就任。
専務取締役 大串 剛喜が代表取締役社長に就任する。
1999年10月 さいたまスーパーアリーナ殿向け人工芝引出用電動ウインチMWS-3000-TR-IV型を開発製造、納入する。
2002年 2月 東京ガス株式会社殿向、パイプライン内部清掃用、特殊電動ウインチMWS-2500-TR-IVを開発製造納入する。
2002年 9月 代表取締役会長 高橋 巌が退任し、相談役に就任。
2005年10月 国立極地研究所殿向 第47次南極越冬隊
南極海底推積物音波探査装置用ウインチシステム エンドレスウインチEME-200-DSU型を納入する。
2006年11月 小野 幸一が取締役に就任。
2007年 6月 大型風力発電風車用往復牽引型手動ウインチの開発・製造。納入を開始。
2008年 3月 沿岸・海洋設置向け大型風力発電風車用往復牽引型溶融亜鉛メッキ仕様手動ウインチの開発・製造。納入を開始。
2010年 9月 代表取締役社長 大串 剛喜が退任し、会長に就任。
取締役 小野 幸一が代表取締役社長に就任する。
2015年 9月 40周年記念事業として、千葉県流山市西深井中谷1296-22に移転し生産開始する。


製品ラインナップ電動ウインチ手動ウインチステンレスウインチ特殊ウインチゴルフ場用ウインチ無線タワー用ウインチ

CADデータ ダウンロードオーダーシート技術資料会社案内FAQお問い合わせ用途事例から捜す機種名から捜す



WWW を検索
MAXPULLを検索
Google